便利な世の中にするためのipadアプリ開発やWEBサービス

携帯操作

Javaが必要

携帯電話

現在の日本ではスマホの普及率が非常に高くなっています。ある調査会社の調べによると女子高生のスマホ・iPhoneの普及率は90%以上になっています。そのためいろいろなスマホ用のアプリが世の中にはあります。最近は企業だけでなく個人でもスマホアプリ開発が可能です。

スマホアプリ開発にはもちろんJavaというプログラミング言語を習得しなければいけません。プログラミングを全くやったことの人にとってはハードルが高いと感じる人もいるでしょう。しかし、書店やインターネットから得た情報でもプログラミング言語を勉強することができます。一度、方法を理解し自分のものにしてしまえば、スマホアプリ開発は誰にでもできる仕事です。

スマホのアプリ開発といっても日本ではスマートフォンとiPhoneの割合は、若干スマホの方が多いくらいでほぼ半分です。初心者の人にはiPhoneよりもスマートフォンのアプリ開発をおすすめします。iPhoneのアプリ開発はライセンス費用がかかったり、実際にリリースするまで時間がかかったりするので不便なこともあります。しかし、スマートフォンのアプリ開発は初回の登録費用さえ払えば、誰でも自分で制作したアプリを公開することができます。初心者にはスマートフォンのアプリ開発の勉強から始めた方がよいでしょう。
また、世界全体でみるとiPhoneよりもスマートフォンの方が普及しております。英語もアプリに対応させるだけで、日本人だけでなく海外の人もあなたが作ったアプリを使う可能性は充分にあります。